About

ロゴマークについて

ユネスコ・デザイン都市なごやロゴマーク
ユネスコ・デザイン都市なごやロゴマーク

ユネスコ・デザイン都市なごやロゴマークは、広く市民の皆さんに活用していただけるロゴマークとして2015年に新しく制作されました。
プロのデザイナーを対象としたデザインコンペティションで応募総数181点から選ばれた最優秀作品です。

ロゴマークのコンセプト
「デザイン」「デザインサービス」「デザイン教育」「デザイン提言」など、ユネスコ・デザイン都市なごやが世界に向けて発信する様子を表現。名古屋のアルファベット表記頭文字の「N」と「コメントボックス」を組み合わせたマークです。
ロゴとしてのフォーマルな扱いとは別に、グラフィックパターンとしてステートメントやメッセージなどセットし、アイコンとして展開できるアクティブなマークを目指しました。

デザイナー:小川 明生(オガワ アキオ)
1959年三重県生まれ。1986年(株)ティ・エム・シー設立。主な受賞にJAGDA平和と環境のポスター展アラン・ヴェイユ賞、ヘルシンキ国際ポスタービエンナーレ・ラウリタラスティ賞他。代表作に中部国際空港・セントレア、こども環境サミット、松坂屋さくらパンダ、COP10支援実行委員会、名古屋開府400年、ESDユネスコ世界会議2014、全国都市緑化フェア2015などのシンボルマークやその他V.I.から広告展開のデザインがある。JAGDA、CCC会員。

ロゴマークの使用を希望する場合は、下記からお申し込みください

名古屋市ユネスコ・ロゴマーク
名古屋市ユネスコ・ロゴマーク

名古屋市ユネスコ・ロゴマークは、ユネスコのシンボルマークと名古屋市章である「丸八マーク」を組み合わせたもので、ユネスコ創造都市ネットワークの活動を通じて、産学官が一体となって名古屋の魅力を発信していこうとする意欲を、豊かな自然あふれる地球を象徴する青色を用いて表現しています。
*名古屋市ユネスコ・ロゴマークはユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会及び構成団体の主催事業にのみ使用ができます。